春風はレモンの香り

 

朝起きてまっ先に眺める浅間山

その日の天候を知らせてくれます。

f:id:hannah826:20200423150434j:plain

里は穏やかな日和ですが、山の頂上は寒そう。天気が次第に崩れて明日はたぶん、春雨…。

草木たちは、恵みの雨をゆっくりと吸収して日に日に成長していき、

もうじきに、かがやく若葉の季節が始まりますね。

 

今日午後1時ごろ、長野県中部を震源とする地震があって、歩いていて一瞬、強いめまい?と思ってしまいました。コロナもこわいですけれど、地震も、なかなか、^^;。

そちらは大丈夫でしたでしょうか?

 

 

テラスに、どんな感じで植物を置こうかと色々イメージスケッチをしています。

f:id:hannah826:20200208125915j:plain

手軽に収穫出来るキッチンハーブをたくさん植えよう、寄せ植えの色合いを工夫しよう、

こんな風かな〜、と想像はどんどん膨らんでいきます。

ひんやりした土に触って植物たちと対話していると、心が柔らかくほぐれていきます。

花育て上手ではないので、よく枯らしますー💧なので、栽培どきのコツや、植物の特性などを書き綴った「プランツカード」なるものを作り続けています。

けれど失敗すること数知れず、、。園芸の道は、奥が深い、!

むかし、大学で園芸研究家・柳宗民先生の特別講義を受けたことがありました。

「いいかい?植物育ては、1に水やり、2に水やり、とにかく水やりが基本中の基本だよ、

植物の声をよぉーく聞くことです」という、穏やかなお声が未だ頭から離れません。

 

f:id:hannah826:20200408215533j:plain

コブシ、モクレンモクレン

Magnolia kobus, Kobushi magnolia, Magnoliaceae 

 

高原地帯に春を告げるコブシの花は、レモンのような柑橘系の爽やかな香りがします。

毛のコートに包まれていた蕾が、アイボリーホワイトの大きな花へと変化していく様は、モノクロームの森に突然明るい光が射し込んできたようで、眩しすぎる美しさです。

(展示用の大きな作品なので、一部分をクローズアップして)

 

 

 

🎻セロ弾く日々

前回、チェロレッスンが終わって談笑していると、先生がふと、

「セロ弾きはね〜、「いいかげんさ」がとても必要だよ」と。

え⁉︎ いいかげんさ? それはテキトーで良い、ということでしょうか ⁇😱⁇

いえいえ、そんなはずは……ない……。時折変わった表現をなさる先生です…。

しかと理解しなければっ、と思い、考えてみます。

「いいかげんさが無い」ということは、

まじめ一徹、自分に厳しく完璧さを求める→ 自身になかなかOKを出さない→ 精神的に追い詰めてオーバーヒートしてしまう→ 次第にやる気を無くしてチェロが嫌いになり、弾くことを断念してしまう。。↘︎

「いいかげんさがある」ということは、

自分に課しているレベルを少しだけ下げられる→ 自身にOK!を出しやすくなる→ 徐々に自信が持てるようになり、気持ちが上向いていく→ チェロがより好きになり、上達が見込まれていく。↑

先生、「いいかげん、とは、良いかげん」のことで、

「良い加減を持ちなさい」ということなのですね?

 

イギリス伝統のフォークソング「Blow the Wind Southerly 」(出典:YouTube

チェロや、他の楽器で弾いても、コーラスで歌っても、あたたかな雰囲気の曲。

春の陽射しを思わせるような旋律で、イメージが広がっていきます。

今回はチェロ演奏でなくて、編曲がとてもきれいなピアノソロ( William Haviland )を。

ーー風よ南へ吹けーー

ーー 船( 帆船 )に乗っている、わたしのいとしい人を運んで来ておくれーー

という意味合いの、風に願いを込めたロマン的な曲。

 

午後のホッとくつろげるひと時に🎵

 

f:id:hannah826:20200420140527j:plain

 最近、時間を見つけては切り絵をしています。

何も考えずにひたすら没頭出来るので、ついつい夢中に、

冬に、みずうみで見た白鳥を思い出しながら、紙をひたすら切り取っていく時間。

ヒナが生まれたら、親鳥たちは忙しい季節になりますね〜。

 

春になると開きたくなる、とても好きな絵本、 

かもさんおとおり (世界傑作絵本シリーズ)

かもさんおとおり (世界傑作絵本シリーズ)

 

 アメリカの絵本作家、ロバート・マックロスキーは、「サリーのこけももつみ」や「すばらしいとき」など、たくさんの優れた作品を生みだしています。

優しさと、おおらかさ、ユーモア感に溢れ、ページを開くと気分ホカホカに。

「かもさんおとおり」は、リズミカルな文と、鳥の生態を知り尽くした躍動感あるイラストレーションで、見る人の心をグッとつかんで離しません。

後世に残る、魅力的な絵本に思います。

 

 

 

 

Mr. Children (ミスチル)「しるし」(出典:YouTube

心に届く素敵な言葉がたくさん詰まっていて、

この時期、大切な存在をより大切にしたい、そんな気持ちになります。

 

コロナが終息するのは、いつになるのか分かりませんが、

今、自分にできることは何だろう、と。

外出するときに気をつけたいソーシャルディスタンス、

錯綜している情報の中から、本物を見極めていく、

普段の暮らしをていねいに見直してみる、など、

自分なりに色々と考え、納得してから行動に移していくことが出来たらと。

日々そんな風に思っています。

 

 

 

 

平穏な日常が一日も早く戻ってきますように🍀