森の秋

 

こんにちは、 

朝晩すっかり冷え込むようになりましたが、

体調くずされておりませんか?

信州山あいの今朝の気温は6℃、冬は駆け足でやってくるので、

家ごもりの準備で、コマネズミのように日々動き回っています。

 

澄みきった高い空に、少しずつ色づいていく木々の葉、

f:id:hannah826:20201001130622j:plain

カラフルに移り変わっていく光景は、この季節ならではの自然の贈りものですね。

木の実がポトポト落ち始めている森の散歩道では、クマとうっかり遭遇しないよう、

大きな鈴をリンリン鳴らしながら歩いています。

 

f:id:hannah826:20200930203418j:plain

ご近所のおばあさんから白ホトトギスを株分けしていただきました。クッキーと交換♪

 

 


 秋の七草のひとつ、河原撫子(カワラナデシコ

 

f:id:hannah826:20201001002926j:plain


ヤマトナデシコ(大和撫子)という別名もあります。

花びらに深い切れ込みのあるのが特徴で、ナデシコ科の多年草

可愛らしさの中にも、凛とした風情の感じられる花姿が魅力的ですね。

ナデシコ  (ピンク色)の花言葉 : 純粋な愛

 

 

 

 今秋の信州ブドウは夏の光をいっぱいに浴びて、甘みがより増しているとのこと、

「出荷用じゃないから粒はそろってないけど、味は保証するよー」と、

果樹園の知人から頂いたナガノパープルを、絵の中にとどめます。

描いているそばから、スイートな香り✨

 

f:id:hannah826:20200930193238j:plain
「ーブドウは枝に繋がっていなければ、実を結ぶことはできないー」

という聖句がありますが、 しっかりした基盤となる支えがあるからこそ、

何事も豊かな実りが成されていくのですね。

 

f:id:hannah826:20201001003222p:plain
色とりどりの野ブドウの実は食べたことはありませんが、、、どんな味??

 

 

🌿日々の徒然 Ⅰ 

冷涼な秋の日とピアノの音色は良く合います。

ビル・エヴァンスの曲はクールで知的で繊細、一音一音がまるで水琴窟のようです。

詩が生まれていくような流麗な演奏を聴いていると、心が落ち着きます。

 

Bill Evans - Like someone in Love (出典:Youtube)  

 

曲を聴きながら、海側に住む大学時代の先輩に宛てて手紙を、

f:id:hannah826:20200914145634j:plain

彼女はヘナアートを描くアーティストで、ヨガのインストラクター。

都会生活での全てを清算し、新たな道を歩んでいる生き方は、

ひょうひょうとしていて素敵だな、といつも思っています。

手紙というのは、季節を感じられる便箋や切手を選んだり、

相手の笑顔を想像しながら、紙面に文字を丁寧に書いていく楽しさがあります。

森での出来事や、絵仕事のこととか、たわいもない日常のことを書き綴ります。

「遊びにおいで〜」と言われていますが、なかなか、、行けない、、。

いつの日か、浜辺近くにキャンパスを立てて、空や海の動きを目で追いながら

スケッチに明け暮れたい、と思いをめぐらせています。

 

 



🌿日々の徒然 Ⅱ

子供時代の病床期に夢中になって読んでいた「アルセーヌ・ルパン」シリーズ、

f:id:hannah826:20201001112146j:plain
f:id:hannah826:20201001112159j:plain

足繁く通う古本屋さんで偶然見つけて思わず大人買いを。

度重なる引っ越しで、全20巻のうちの何冊かを手離してしまっていました。

なので、もう絶対に、手放しませんよっ。

ルパンシリーズは色々なヴァージョンがありますが、

細密なペン画入りの、このシリーズがとても好きでした。

同時期に出版された「 シャーロック・ホームズ」シリーズも全巻揃えたい、

ということで、古書店のご主人に 熱いリクエストを出しておきました。

本棚に再びルパン&ホームズ小説を揃えられる日を楽しみにして☆

 

 

ところで、どんなコレクションをしていますか? 

私は絵の制作時の参考にもなるので、ポストカードの収集をしているのですが、

無造作に積んでいるので、先日から整理を始めました。

カード裏に美術館や旅行や画廊での思い出をささっと書き、

色々にジャンル分けしておくと、資料としても、お気に入りも直ぐに見つけやすくなって

スッキリ。

 

この絵葉書の裏には、英旅行での思い出が下手な^^;マンガ風イラストでビッシリと。

Emily Farmer /「Kitty’s Breafast 」(制作年 1579)

f:id:hannah826:20200112203010j:plain
所蔵: Victoria & Albert Museum, London )

 エミリー・ファーマー(1826-1905) は英国の水彩画家で、こどもの日常を描いた作品

を数多く残しています。

ネコのごはん用にミルクをお皿に注いでいるあどけない少女と、

それをじっと待っている仔猫、

窓からはやわらかな光が降りそそぐ牧歌的な情景。

どことなくフェルメールの「牛乳を注ぐ女」の絵の構図を彷彿とさせます。

食卓の風景は多くの画家たちが題材にしていますが、

温かな雰囲気に包まれているので、

どの場面を切り取っても、素敵な構図がうまれていくのですね。

本や絵画の中の美味しそうなごはん風景は、ホカホカと幸せな気持ちになります。

 

 

 

 

🎻セロ弾く日々

予定より半年遅れて、長野アンサンブル・ノーヴァ室内楽コンサートが開催されます。

先生のチェロと、ピアノ、ヴァイオリンの三重奏。

これまで収容人数を制限していたクラシックコンサートは、飛沫が飛びにくいという事

で徐々に緩和をしていくようです。これから先も一人一人の心がけは大切、と思

いながら、先生やオーケストラのお仲間を応援したい気持ちでいっぱいです。

「Don’t stop the Music!」の精神で、とにかく音楽を止めない、

演奏する情熱を忘れない、という心意気がひしひしと伝わってきます。

 

主題:「親愛なるメンデルスゾーン様」

 

曲目:・メンデルスゾーン 6つの二重唱曲 op63 より

           ・エルガー 愛の挨拶

           ・ヘンデル/ハルヴォルセン  バッサカリア

           ・ メンデルスゾーン 無言歌集より    ・メンデルスゾーン 協奏曲変奏曲 op 7

           ・ メンデルスゾーン ピアノニ重奏曲第番 op49    他    

f:id:hannah826:20200915135414j:plain
f:id:hannah826:20200914140254j:plain

 

日時:2020年10月24日(土)午後2時開演(午後1時半開場)

会場:長野市竹風堂大門ホール・一般3000円  当日3500円

主催:長野市    信濃毎日新聞    (公財)八十二文化財

お問い合わせ先:アンサンブル・ノーヴァ ・ 026-223-5171

 ご機会がありましたら、ぜひ♪

 

私は腱鞘炎治療で、1ヶ月ほどチェロに触れておりませんでしたが、

まもなくレッスン再開です。腱鞘炎は再発するとのこと、一体どうなることでしょう💧

チェロを弾く方、そのほか指先を酷使する方、

腱鞘炎時のケアや演奏の仕方など、少しでもアドバイスをいただけると助かります。

(故障の箇所は、右手親指と左手小指です)

 

 

音楽つながりで、

10月11日はダリルホールのバースデー、Happy Birthday Daryl ♬

70歳を過ぎてなお、高音域の声量が出る素晴らしさ!

現在のダリルホールは、自宅にさまざまな友人ミュージシャンを招いて

質の高い雰囲気抜群のライヴ、セッションを行なっています。

 

米シンガーソングライター,、ダイアン・バーチ( Diane Birch )とのデュエット、

 Nothing But A Miracle (出典:Youtube) 、

「 (あなたが戻ってくることは)奇跡以外あり得ない」

と歌っている歌詞は切ない、、切ないけれど、

ロディアスな優しいバラードで、この季節にしっくりなじみます 。

 

 

 

 

🍃秋の日々のお楽しみいろいろ

f:id:hannah826:20200925113205j:plain
f:id:hannah826:20200926152623j:plain

  フワフワのあたたかフェルトバッグ           大きめマグでたっぷりのカフェ・オ・レ

f:id:hannah826:20200930164018j:plain
f:id:hannah826:20200926152639j:plain

  栗どころ 小布施の香ばしい焼き栗                       手仕事で可愛いが増えていく〜

f:id:hannah826:20200926153023j:plain

そしてルークは大嫌いな予防接種へーーー・・・

行くですか?ホントーーーーーに?と、まん丸な瞳で訴えます。

注射のあとにビスケットのお楽しみ、きっとあるよ U^ェ^U

 

 

 

中秋の名月ですね〜、良きお月見を🌕

明日も素敵な秋の一日となりますように☆

 

 

初秋の風景を水彩画で描く

 

 9月に入ると陽射しが少しだけ柔らかく感じられて、

夕暮れ時の涼やかな風にホッ。。。と。

今秋の紅葉は、やや遅めの見込みとか、

木々の彩りが今から楽しみです。

 

 

 地域の果樹園に実るリンゴたちも色づいてきました。

紅玉、信濃スイート、信州フジ、そして小さなクラブアップルたち、

これから到来する台風の豪雨・強風で落果することなく、無事に収穫ができますように。

 

f:id:hannah826:20200828111339j:plain

 

 

 

🌿日々の徒然

さやさやと優しく揺れるコスモスの花を物語風に描いてみます。

形態を正確に描く植物画(ボタニカルアート)とは異なり、

発想が自由に広がるので、

時にはこんな柔らかな風合いに仕上げるのもいいかな、と。

 

コスモス (秋桜)、キク科、一年草草本

コスモス全般の花言葉:調和、謙虚

f:id:hannah826:20200826181715j:plain

 

コスモスは可憐なイメージがありますが、

強風下の中、しなやかに揺れて折れることのない逞しい生命力も持ち合わせています。

茎同士互いに寄り添い、上手に支え合っているもの、

一本だけで茎をスッと伸ばして伸びやかに咲いているもの、と様々な花姿が見られます。

 

学名(英名)の 「Cosmos 」 は、古代ギリシャ語の「 kosmos 」に由来しており、

「宇宙」を意味。

夜空に広がる無数の星たちを、コスモスの咲く光景に投影させているのでしょうか、

雄大な名前を付けられて、幸せなお花ですね☆

 

 

 

そんなコスモスの小径を抜け、しばらく歩いていくと森の入り口にさしかかります。

 気温が低めの日は、霧に包まれてちょっと幻想的な雰囲気、

 樹々の間から流れ込む幾筋もの光は、周囲を明るく照らしています。

樹々の間をぬって歩いていく子鹿は、一瞬立ち止まって私とルークを見やり、

急いで母鹿の後を追いかけていきます。

f:id:hannah826:20200827110248j:plain
f:id:hannah826:20200827110307j:plain

 

 夏の始めに、知人が川に流されている子鹿を発見し、無事保護されました。

f:id:hannah826:20200831114038j:plain

低音症を免れ、ミルクを飲みシラカバなどの葉を食べて、スクスクと元気に成長を。

川から桃太郎のように流されてきたので、付いた名前は「モモちゃん」、

間近で見る鹿の姿は本当に可愛く 、野生の輝きに日々感動しています。

 

近年シカが増え各地で問題となっています、とは言え 、シカも大切な生態系の一員、

最良の道を探っていくための糸口は?

シカに関するさまざまな本を読みながら、知識を増やしているところです。 

シカと日本の森林

シカと日本の森林

  • 発売日: 2011/02/04
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

 

 

 🎻セロ弾く日々

練習のしすぎでとうとう腱鞘炎〜〜〜〜〜😱ズキズキズキズキ、、、。

先生から、完治させないとセロを弾けなくなるので、なるべく早めに整形外科へ、

1ヶ月間はレッスンお休み+楽器に触れない演奏禁止令が出されました。。。

 


Bach - Cello Suite No.1 v-Menuet

晩秋から進む予定のメヌエットは、軽やかな秋風のような曲。

Mischa Maisky - Bach Cello Suite No 1・Menuet (出典:YouTube) 

弾きたい・・・弾けない〜・・ うーん、ジレンマです(・_・;

 

こんな時は 気持ちを切り替えソルフェージュの訓練を。

チェロの音域は幅広く、低音域(へ音)、中音域(ハ音)、高音域(ト音)の三音域にわたります。

低音域のヘ音記号に長く慣れ親しんでしまったので、

いつかしらハ音・ト音記号がスラスラ読めなくなっていることにハタと気づきました。

「ハ音記号のドは、ト音記号のレになるから、、?」などたどたどしく音符を辿っ

てしまう状態を何とか打破したい、と思い、

まずは好きなピアノ曲ト音記号に慣れ、以前の状態に戻していきます。

海外から取り寄せた楽譜は、映画「プライドと偏見」のサウンド曲集。

ト音記号満載の曲をボツボツ譜読みし、きれいな映画のワンシーンを思い出しつつ、

Youtube画面を参考に音符読みを開始。

この曲集を全て読破する頃には、頑固な頭も少しは柔らかくなっている?でしょうか?

 

 

 

 

Tangerine  (出典:YouTube


Stacey Kent - Tangerine (Trailer)

 ステイシー・ケント(Stacey Kent)は、アメリカのジャズ歌手、現在ロンドンを拠点に活躍中です。

ジャズとボサノヴァを融合させた雰囲気を持つ、ハートウォーミングなサウンド&

キュートな歌声がとても好きです。

そして、シンプルでセンスの良いファッションスタイルも参考に。

Tangerine♪と、思わず口ずさみたくなる メロディを聴きながら、

秋に向けて爽やかな気持ちで過ごしてまいりましょう〜。

 

 

🍃小さな秋

f:id:hannah826:20200831154725j:plain

素敵な一日となりますように🌿
 

森の夏たより & ヒマワリの花

お久しぶりです🌿

 

今年は梅雨が長引いたぶん、夏は短い?でしょうか、

これからの暑さの中、体を整えながら元気に過ごしてまいりましょう。

夕暮れ時になると、カナカナカナ・・という、ヒグラシの涼しげな鳴き声が聞こえてきま

す。草むらでは早くも秋の虫の声、、?

 

f:id:hannah826:20200719225918j:plain

噴火警戒レベル2のままで留まっている浅間山。風下側では火山灰や小さな噴石の降る恐れ

もあるとか、風に乗って微かに硫黄の匂いも。(今日は浅間のハート♡型がくっきり)

 

 

渓流釣りのシーズン、ということで川魚の素描画など、

f:id:hannah826:20200728210033j:plain

以前、釣り好きの友人が上田市千曲川で鮎釣りしているのを見かけ、

良い機会なので泳いでいる姿をスケッチさせてもらいました。

しなやかに動く細長い鮎は、スイカのような、ほんのり優しい香りがします。

 

 

🌿お日さまが地上に降りてきたような、そんなイメージを持つ花。

ヒマワリはキク科の一年草で、多数の花が集まって形成される頭状花序。

外側の黄色い花びらをつけた「舌状花」と、花びらを持たない「管状花」によって形作ら

れています。小学校時代、ヒマワリの実をプチっと割って中身を取り出し、学校帰りの

オヤツにしていたな〜、と。

 

f:id:hannah826:20200722133406j:plain

オレンジイエローの元気な花姿は、夏の明るい光そのもの。

花言葉のひとつは「あなただけを見つめる」、とても情熱的ですね。

ヒマワリが「向日性」であることから、このような花言葉がつけられているそうです。

f:id:hannah826:20200722133235j:plain

ずんぐり可愛いマルハナバチも、花粉を求めてやって来ます ♪

f:id:hannah826:20200803000232j:plain

Helianthus annuns L. , Asteraceae, Sunflower 

 

この時期に聴きたくなる曲、山下達郎-Dreaming girl ( 出典:YouTube

制作から何十年経っても、達郎ソングは健在です。

 

 

 

🌿森の徒然

 

裏庭の古い栗の木が、苔むして趣のある感じになってきました。

f:id:hannah826:20200720142537j:plain

草むしりなどしていると、なんだか木にジッと見つめられているような気がします。

そこで、、幹に「目」を貼り付けてみたら、、、、、?

小径を通りかかった小さなきょうだい達が気づいて、ニコニコ^ - ^

f:id:hannah826:20200720142703j:plain

木はその場から動くことのない静かな生きものですが、はるかな昔から色々な出来事を

見守ってきているのですね。秋には栗の実をたくさん付けてくれることでしょうか。

 

忘れかけたころに開きたくなる本 

センス・オブ・ワンダー

センス・オブ・ワンダー

 

いつの頃から、自然への純粋な眼差しや限りない好奇心、といったことから遠ざかってし

まうのだろう 。大人の日常はせわしなく過ぎていきますが、いっ時でも自然に目を向けて

何かを感じ取る豊かな思いや感情を忘れずにいよう、と。

センス・オブ・ワンダー」は、そんな自然への感性を解きほぐしてくれるような本。

名著「沈黙の春」で知られる、作家・海洋生物学者でもあったレイチェル・カーソンは、

メイン州の森や海辺で、1歳8ヶ月の甥のロジャーと一緒に朝な夕な自然の中を冒険しな

がら、センス・オブ・ワンダーを育んでいきます。カーソンはそうした思いを更に膨らま

せようと調べものをしていた矢先に病気が見つかり、道半ばにして亡くなります。

なのでこの本はページ数が少なく薄い本、けれど一言ひとことが宝石のような言葉で埋め

尽くされています。所々に添えられている森や海の風景写真が素敵です。

原著で詩情あふれる言葉にもふれてみたい、カーソンの残した最後のメッセージ✨

 

 

 

🎻セロ弾く日々

コロナの影響から、個別にレッスンを希望する弟子宅に、先生がチェロを抱えて自ら回っ

てくださいます。たいへんありがたいことです。

「それじゃ、聴かせてもらいましょうか〜」と、先生が腕組みをして目を閉じられると、

途端に緊張してしまい、普段通りに弾くことができません💦

あれ、おかしいな〜、いつもはもっと上手く弾けるのですけれど、とか、忙しくて練習す

る時間がなくて、、などといった、言い訳は言わないように努めます。

プレッシャーに打ち勝つのも実力のうち、

現課題はそれを「いかに克服するか」という事。

 

バッハ無伴奏組曲は、順調に進んで次回サラバンド

f:id:hannah826:20200721193411p:plain

ゆったりしたメロディの、重音が美しい曲です。

先生がお手本を弾いてくださるのですが、社会的距離+横ならびなので、

せんせいーーーーーー、遠くて細かな指の動きがまったく見えませんが〜〜〜〜〜(^^;;

 

ラトヴィア出身の世界的チェリスト、ミッシャ・マイスキーの弾く指の動き、弓の動かし

方などを参考に、さらなる勉強を。 

Mischa Maisky Bach −Cello suite No1 Ⅳ− Sarabande (出典:YouTube

 

 

 

 

マーシーズンで、信州山あいの小さな町中を走る車の8割方は県外車💧

例年どおり、涼を求めて観光客が訪れ、スーパーなどは多混みです。コロナが

広まりませんようにと、地元民たちは願うばかり。

そんな中、町は新たな取り組みを。それは車ナンバー末尾の数字が奇数か偶数かで分けて

店の利用日を分散させる、というもの。

可能な範囲での協力ですが、一人一人の心がけはとても大切、と思っています。

 

f:id:hannah826:20200725162735j:plain

ということで、本日はモジャ男くんのトリミングデー+お買い物デーです。

夏で6歳になりましたよ〜、  by ルーク

 

 

 

 🌿夏になると海が恋しくなるので、海辺の研究所で暮らしていた頃、仲間がプレゼント

してくれた大きなタケノコ貝を耳に押しあて、ザザ〜・・・と、寄せては返す波のような

音に良く聞き入っています。

 

 カナダのR&B シンガー、ダニエル・シーザーが、同じR&Bシンガーのハー(H.E.R.)

をゲストに迎えた、グルーヴ感あふれるバラード曲「Best Part」(出典:YouTube

夕涼みの頃に ♫

 

 

心涼やかなサマーシーズンとなりますよう🌻

森の風 草の香り

 

森に、カッコウの鳴き声が聞こえ始めました。

雨が降って肌寒くなったりもしますが、日々鳥たちの賑やかなさえずりや、

ハルセミのかすかな音色などを聞いていると、

季節が少しずつ夏に近づいていくのを感じます。

 

f:id:hannah826:20200525165045j:plain

緑の風が通っていくカラマツやミズナラの小径を抜け、細く長い坂道を登ると、

タンポポなど野草の生い茂る草原が広がっています。

 

そこではニホンリスが跳んだり跳ねたり〜、町獣さんは今日もゴキゲンです。

f:id:hannah826:20200526152029j:plain

タンポポの柔らかな部分は、雑食性のリスも食べます。

数年前までは、シナノタンポポなどの在来種が占めていた場所も、

今では外来種セイヨウタンポポが占拠しています。

自然界では植物同士の静かなたたかいが、至るところで繰り広げられているのですね。

弱勢の在来種を応援する意味で、

絵の中のリスさんには、日本タンポポを手に持ってもらいましょう。

 

森はだれがつくったのだろう?

ウィリアム・ジャスパソン文/チャック・エッカート絵/童話屋

野原で小鳥が一粒の種を落とす、

種は芽吹いて成長していき、時は、過ぎていく。。

やがて ”パイオニアツリー”  と呼ばれる、小さな木々が顔を出し始めます。

100年200年という長い歳月をかけて、草原は徐々に変化を遂げていきます。

植生が移り変わりながら形成されていく姿を、丁寧な文と細密なモノクロ画で、

大きな森になるまでの、壮大なストーリーを分かりやすく紐解いている本。

 

今眺めているこの草原も、

100年後には立派な森になっているのかな、などと想像してみるのでした。

 

 

ガラス瓶にタンポポの綿毛を一本、挿してみます。

f:id:hannah826:20200522150235j:plain
f:id:hannah826:20200522150301j:plain

白くふんわりした繊細な形が、とてもかわいい、、あ、、リス? ↗︎  ^^

 

 

実家のナニワイバラが大木になり、

玄関先は「いばら姫」の物語の様に、バラの木に塞がれそうです^^;

 

f:id:hannah826:20200522161206j:plain


Rosa laevigata, Cherokeerose, Rosaceae

 

一重のナニワイバラは、清楚な雰囲気が素敵なのですが、

一旦根付くと、勢いよくどこまでも成長していく蔓性で、しかも棘が鋭い、!

ガーデンブログを書いているお友だちの、バラの剪定記事を参考にしながら、

アーチに絡まり放題、この元気いっぱいのバラを何とか整えていかなくてはーーー。

f:id:hannah826:20200524200156j:plain

(画:H.Vogel)絵本の世界では、繁茂しているバラはロマンチックですね。

 

 

 

🎻セロ弾く日々

世界には、活躍しているチェリストが数多くいて、

演奏スタイルを、うんうん、そうか〜、とか、すごいな、!とか、

日々感嘆したり、参考にしたり、学んだりしながら、過ごしています。

イスラエルアメリカ人の素敵なチェロ奏者、インバル・セゲフ(Inbal Segev)

ケースからチェロを取り出して、いきなり弾き始めても、

筋肉はガチガチに凝り固まっています。

無理して弾き続けると体を痛めてしまいます、スポーツと同じですね。

腕や肩を柔らかくほぐし、心もリラックスさせてから弾くことは大切、と言っています。

私も見習って、必ずヨガやストレッチなどで心身を整えてから、

チェロと向き合うことにしています。

 

オーケストラとの共演や華麗なソロコンサートなどを開催しているインバルですが、

時には、カジュアルなカフェでのコンサートも。

ケルト音楽は、聴いていると自然に心が踊ります〜♫  (出典:YouTube

 

 

 

 

素晴らしく良く晴れていても、午後になると曇ってきたりと不安定な気候です。

そちらのお天気はいかがですか?

f:id:hannah826:20200524155408j:plain

夕方時に外へ出ると、

風に乗って、ハーブのように香りたつ木や草の匂いが心地良い。。。🌿

夕暮れから夜半にかけては、

穏やかできれいなピアノの旋律を聴きたくなります。

映画「プライドと偏見」(2005))のサウンドトラックから、

The secret life of daydreams (出典 :YouTube

 

 

 

新たな生活様式が始まっていますね、

心と体を大切に過ごしてまいりましょう。

 

これから先、たくさんの幸せが訪れますように🍀

 

 

 冬の間、ずっと体調を崩していて、その間出来なかった事に、

ゆっくり時間をかけて取り組んでいきたいな、と思っていて、

これからのブログ、1ヶ月、いえ、もっと先かも知れないですけれど…(^^;;

かなり緩めになると思います。

フラッと記事更新した折には、又、よろしくお願いいたします。

 

 

f:id:hannah826:20200524153347j:plain

ルークはお腹のゴロゴロから回復して、元気なヤンチャくんに戻りました、

ご心配やアドバイスをくださった方々、どうもありがとうございました♡

 

 

 

 

風薫る季節に

 

木々をつたって、ひんやりした風が吹き抜けていきます。

f:id:hannah826:20200513152104p:plain

朝もやの残る中、

ルークとの早朝散歩は、一日を気持ち良くスタートさせていくための、はじめの一歩。

梅雨に入るまでの風薫る季節は、

自然界の心地よいエネルギーをたくさんもらえるように思います。

 

 

散歩を終えて、庭先を少し見回っただけで数種類のスミレが見つかります。

f:id:hannah826:20200506202957j:plain
f:id:hannah826:20200506202844j:plain
f:id:hannah826:20200506202827j:plain

日本では、変種も含めると200種以上のスミレが存在しているとか、

詳しく観察したら、もっと色々な種類と出会えそうです。

大学時代、このスミレの名前はなーに?、と聞くと、

すかさず、的確に答えてくれた 「スミレはかせ」 なる男子がいました。

時折ふらっと同研究室の友人に会いに来るので、

「スミレの判定の仕方やコツをぜひ、伝授してくださいな」とお願いすると、

「うーん… きみ、アバウトだからな〜、無理と思う」

即、却下されてしまったのでした ^^;

彼は今も、ルーペや顕微鏡で植物を研究し、愛でる日々を送っていることでしょうか。

 

 

制作途中のジューンベリーの花 (バラ科ザイフリボク属)

完成前の絵をお見せするのも、これはこれで又、いいかなと思いました。

 

f:id:hannah826:20200513151711j:plain

 

手に持って観察しているそばから、繊細な花びらがハラハラと。

花はすでに散ってしまいましたが、

撮影しておいた写真を参考にしながら、完成に向けて制作を進めます。

葉の色がまだ薄いので、絵の具を塗り込んで深みを出していき、

雌しべ雄しべ、萼、細い茎などの細かな部分、全体を覆う柔らかな毛など、

極細筆で丁寧に描き込みます。

完成まであと、もう〜〜〜少し、!

6月に実る、果実を使ってのジャム作りが楽しみです。

 

 

ジューンベリーの次に咲くのは、ヤマツツジ

f:id:hannah826:20200510122012j:plain

ずっと低温続きでしたが、今週は気温高めのようなので、一気に花開きそう。

燃え立つような緋色は、夏の始まりを予感する情熱的な雰囲気があって、

心をとてもホットにさせてくれます。

花には「蜜腺」があって、甘いもの好きなヒヨドリ、コガラ、リスたちが木の周りを頻繁

に訪れ、早く咲かないかな、と心待ちにしています。

 

f:id:hannah826:20200510162202j:plain

最近、リスたちは動きがより活発、いえ、乱暴になってきました。

テラスを縦横無尽に駆け回り、花鉢をひっくり返し、ジョウロを蹴倒してすったもんだ。

ナワバリ争いで、リスの世界も大変そうです。

 

 

 

🎻セロ弾く日々

レッスンは当分お休みで、有益な記事が書けそうにありません💧

「たとえ、5分でもいいから、毎日チェロを弾くようにして」、先生のお言葉どおり、

日々スケール練習に始まり、DotzauerとLee練習曲をおさらい、Bach 無伴奏組曲を。

ですが、緊張感漂う場が無いので、すっかり気抜けのセロ弾きになり変わっています。

何とか気持ちをアップせねば、!

気分転換にスタジオジプリの曲などを弾きまくったりしています。

f:id:hannah826:20200508134438j:plain

楽譜 「もののけ姫」より、アシタカさっ記

 

Studio Ghibli Cello Collection (出典 :YouTube

スタジオジプリ映画の曲は、どれもチェロの深い音色と良く調和します。

千と千尋の神隠し、 ・もののけ姫、 ・天空の城ラピュタ、 ・風の谷のナウシカ

などが入っています。

30分近くと長いので、お好きな曲がありましたら、ぜひ。

 

 

一日のうち、何回か空を見上げます。

そして、思いきり深呼吸〜〜〜〜〜。

政治や社会の動向を見て、心にビュービューと風が吹き荒れる時も、

もろもろの事で感情がさざめく時も、

いっ時すべてを忘れて過ごす、生活の中の大切な時間です。

f:id:hannah826:20200508130957j:plain

 

3 rd Degree (出典:YouTube

 米国のフュージョングループ、Fourplay(フォープレイ)

ピアニスト:ボブ・ジェームズ、   ギタリスト:リー・リトナー

ベーシスト:ネイザン・イースト、  ドラマー:ハービー・メイソン らによる演奏。

 ベテラン同士の息の合ったセッションは、澄みきった青空のように気持ちがいい♫

 

 

 

 

f:id:hannah826:20200512161323j:plain

しょげているルークです、

このところの気温差で、お腹のゴロゴロが治りませんーーー。

薬を飲んで一旦落ち着くも、止めるとまた・・・。

明日こそ、動物病院で診てもらおうね。

 

 

ここしばらく暑さと寒さが交差していますが、体調崩されておりませんか?

暑い時にマスクをしていると熱中症にかかりやすいと聞きました。ホントーに?

 

コロナ終息に向けて、明るい兆しが見え隠れするこの頃、

これからも心と体を大切に、

すこやかに過ごしてまいりましょう。

 

 

明日もすてきな一日となりますように🌿

 

春風はレモンの香り

 

朝起きてまっ先に眺める浅間山

その日の天候を知らせてくれます。

f:id:hannah826:20200423150434j:plain

里は穏やかな日和ですが、山の頂上は寒そう。天気が次第に崩れて明日はたぶん、春雨…。

草木たちは、恵みの雨をゆっくりと吸収して日に日に成長していき、

もうじきに、かがやく若葉の季節が始まりますね。

 

今日午後1時ごろ、長野県中部を震源とする地震があって、歩いていて一瞬、強いめまい?と思ってしまいました。コロナもこわいですけれど、地震も、なかなか、^^;。

そちらは大丈夫でしたでしょうか?

 

 

テラスに、どんな感じで植物を置こうかと色々イメージスケッチをしています。

f:id:hannah826:20200208125915j:plain

手軽に収穫出来るキッチンハーブをたくさん植えよう、寄せ植えの色合いを工夫しよう、

こんな風かな〜、と想像はどんどん膨らんでいきます。

ひんやりした土に触って植物たちと対話していると、心が柔らかくほぐれていきます。

花育て上手ではないので、よく枯らしますー💧なので、栽培どきのコツや、植物の特性などを書き綴った「プランツカード」なるものを作り続けています。

けれど失敗すること数知れず、、。園芸の道は、奥が深い、!

むかし、大学で園芸研究家・柳宗民先生の特別講義を受けたことがありました。

「いいかい?植物育ては、1に水やり、2に水やり、とにかく水やりが基本中の基本だよ、

植物の声をよぉーく聞くことです」という、穏やかなお声が未だ頭から離れません。

 

f:id:hannah826:20200408215533j:plain

コブシ、モクレンモクレン

Magnolia kobus, Kobushi magnolia, Magnoliaceae 

 

高原地帯に春を告げるコブシの花は、レモンのような柑橘系の爽やかな香りがします。

毛のコートに包まれていた蕾が、アイボリーホワイトの大きな花へと変化していく様は、モノクロームの森に突然明るい光が射し込んできたようで、眩しすぎる美しさです。

(展示用の大きな作品なので、一部分をクローズアップして)

 

 

 

🎻セロ弾く日々

前回、チェロレッスンが終わって談笑していると、先生がふと、

「セロ弾きはね〜、「いいかげんさ」がとても必要だよ」と。

え⁉︎ いいかげんさ? それはテキトーで良い、ということでしょうか ⁇😱⁇

いえいえ、そんなはずは……ない……。時折変わった表現をなさる先生です…。

しかと理解しなければっ、と思い、考えてみます。

「いいかげんさが無い」ということは、

まじめ一徹、自分に厳しく完璧さを求める→ 自身になかなかOKを出さない→ 精神的に追い詰めてオーバーヒートしてしまう→ 次第にやる気を無くしてチェロが嫌いになり、弾くことを断念してしまう。。↘︎

「いいかげんさがある」ということは、

自分に課しているレベルを少しだけ下げられる→ 自身にOK!を出しやすくなる→ 徐々に自信が持てるようになり、気持ちが上向いていく→ チェロがより好きになり、上達が見込まれていく。↑

先生、「いいかげん、とは、良いかげん」のことで、

「良い加減を持ちなさい」ということなのですね?

 

イギリス伝統のフォークソング「Blow the Wind Southerly 」(出典:YouTube

チェロや、他の楽器で弾いても、コーラスで歌っても、あたたかな雰囲気の曲。

春の陽射しを思わせるような旋律で、イメージが広がっていきます。

今回はチェロ演奏でなくて、編曲がとてもきれいなピアノソロ( William Haviland )を。

ーー風よ南へ吹けーー

ーー 船( 帆船 )に乗っている、わたしのいとしい人を運んで来ておくれーー

という意味合いの、風に願いを込めたロマン的な曲。

 

午後のホッとくつろげるひと時に🎵

 

f:id:hannah826:20200420140527j:plain

 最近、時間を見つけては切り絵をしています。

何も考えずにひたすら没頭出来るので、ついつい夢中に、

冬に、みずうみで見た白鳥を思い出しながら、紙をひたすら切り取っていく時間。

ヒナが生まれたら、親鳥たちは忙しい季節になりますね〜。

 

春になると開きたくなる、とても好きな絵本、 

かもさんおとおり (世界傑作絵本シリーズ)

かもさんおとおり (世界傑作絵本シリーズ)

 

 アメリカの絵本作家、ロバート・マックロスキーは、「サリーのこけももつみ」や「すばらしいとき」など、たくさんの優れた作品を生みだしています。

優しさと、おおらかさ、ユーモア感に溢れ、ページを開くと気分ホカホカに。

「かもさんおとおり」は、リズミカルな文と、鳥の生態を知り尽くした躍動感あるイラストレーションで、見る人の心をグッとつかんで離しません。

後世に残る、魅力的な絵本に思います。

 

 

 

 

Mr. Children (ミスチル)「しるし」(出典:YouTube

心に届く素敵な言葉がたくさん詰まっていて、

この時期、大切な存在をより大切にしたい、そんな気持ちになります。

 

コロナが終息するのは、いつになるのか分かりませんが、

今、自分にできることは何だろう、と。

外出するときに気をつけたいソーシャルディスタンス、

錯綜している情報の中から、本物を見極めていく、

普段の暮らしをていねいに見直してみる、など、

自分なりに色々と考え、納得してから行動に移していくことが出来たらと。

日々そんな風に思っています。

 

 

 

 

平穏な日常が一日も早く戻ってきますように🍀

 

 

森の春

 

北風の吹く寒い日もありますが、

空に浮かぶ柔らかなベール状の雲や、日々膨らんでいく植物の花芽などを眺めながら、

いたるところに新たな季節の息吹きを感じて、

心ときめきます。

 

世の中は大変な様相ですが、

お元気に過ごされていますか?

 

 

「森のショートショートストーリー」

f:id:hannah826:20200314190311j:plain

朝もやの残る森の中、

いそがし屋さんのウサギたちは、

生命の始まりのシンボルである「卵」に、きれいな飾り付けをしています。

もうすぐ森の春まつり、

スミレの花を摘んで、セッセと紐にからめ、

長い花飾りをクルクルと卵に巻きつけていきます。

明るい色でペイントするのも忘れずに。

厳しい冬を無事に乗り越えた仲間たちが、あちらこちらから集まって来る前に、

早くはやく、準備をととのえなくちゃ。

あなたも、

心穏やかな春時間を過ごせますように🐣

 

 

庭先の積もった雪もようやく溶けて、新たな季節到来のお知らせです♪

f:id:hannah826:20200403140730j:plain
f:id:hannah826:20200404111653j:plain
f:id:hannah826:20200403140713j:plain

 

そして、部屋の窓辺にも植物たちを呼び込みます。

きれいな紫色のヴィオラと、

(ヴィオラの英名のひとつに、Johnny (Jack) − jump −up−and −kiss −me という、可愛らしい名があります)

f:id:hannah826:20200401182651j:plain

Viola tricolor, Violaceae 

 

あたたか色の花びらが目に眩しいフリージア

f:id:hannah826:20200311203139j:plain

Freesia , Iridaceae 

 

とてもいい〜香りです。

キンモクセイにも似ている甘い香りから「 香雪蘭(コウセツラン)」とも呼ばれています。

この季節は明るい太陽色が似合いますね。

 

f:id:hannah826:20200401164619j:plain
f:id:hannah826:20200401164636j:plain

冬の頃に、画家友から届いたイースターの贈りもの。

ウサギが描かれた卵の蓋を開けると…

中にはラベンダーの香りのする、卵形の石鹸が、、、かわいい、、♡

英・カントリーサイドに住む彼女は、今ごろ無事に過ごしているでしょうか…。

 

 

🎻セロ弾く日々

コロナの外出自粛要請が都市圏に出される、少し前のこと、

先行き不透明なこんな情勢では、地方でのレッスンも当分お休みだな、、と、すっかり気

抜け状態になって、悠長に構えていたところ、

先生から「お宅の近くに用事で来ているので、是非レッスンをしておきましょう、今度は

いつになるのか、皆目見当つかないですから」とのご連絡、

な、なんですとーーーーー 😱⁉︎

怠け心が一瞬に吹っ飛んで、バタバタ掃除やら準備を整えて…先生をお迎えしたのでした。

久しぶりのレッスンでは、相変わらず「チェロを歌わせていない」とのご指摘に、心折れ

そうになりながらも、

「バッハ無伴奏の方は、そろそろ先に進もうか」とおっしゃって、

プレリュードから、ようやく、アルマンドへと進みます。

とても好きな曲なので嬉しさ倍増 、 レッスン無くとも工夫しながら弾き進めそうです♪

 

「 バッハ無伴奏チェロ組曲第1 Allemande 」

f:id:hannah826:20200406164920j:plain

 

ラトヴィア出身、世界的なチェリストのひとり、ミッシャ・マイスキーの演奏を何度も繰

り返し聴きながら、弾き方を勉強したり曲の解析をしていきます。

マイスキーの、揺るがない演奏は素敵で、静かな落ち着いた気持ちになります。

 

「バッハ無伴奏チェロ組曲第1 Allemande −ミッシャ・マイスキー」(出典:YouTube) 

 

 

 

ルーク、がんばろう!

f:id:hannah826:20200401185100j:plain

「ね、ぼくはどーーーーーしても病院に行くですか?」

「そう、どーーーしても行くのですよー、これ以上悪化しないうちに…」

ルークは昨年に引き続いて、残っていた奥歯2本も急いで抜かなければなりません💧

歯は丹念に磨いていても、歯周病にかかりやすい体質のようで、、

渋るルークをなだめすかし、抱きかかえて動物病院へ、

ーー無事に抜歯を終えたのでした。

 

 

 

 

「Waiting on the World to Change − ジョン・メイヤー」(出典:YouTube

 

米シンガーソングライター & ギタリストであるジョン・メイヤーの曲は、力強いメッセー

ジが込められていて、色々な意味にも解釈することが出来、心に響きます。

Waiting on the world to change 

we keep on waiting 

ーーー 世界が変わるのを待とう、

待ち続けようーーー

 

 

 

気候不安定の折、うがい手洗い忘れずに、

しっかり体調管理をしてまいりましょう🌿